葬式

宗教にとらわれたくない

無宗教の葬式

葬式

日本の葬儀は仏式や神式などで営まれるのが一般的でしたが、最近特定の宗教に決めない形式で葬儀を行いたいという人が多くなりました。京都でもそんな人が多くいます。無宗教葬を望む人が増えているといっても実際に行われている葬式はまだ仏式が主流になっています。葬儀とは死者のために行う宗教的な儀式であり葬儀と宗教とは密接な関係がありました。ですが現座では葬儀を故人とのお別れをする慣習的なものと考えている人が多くなっています。京都でもそんな人が多く神仏を信じていないからとか、宗教そのものを信じていないからと言って無宗教葬を行っている人も多くいます。また奈良ではこのような人たちの要望に応え無宗教での葬儀を手掛けている葬儀業者もいます。

重点を置きたい部分

仏式の葬儀の時には寺院に支払う戒名料や読経料などいわゆるお布施に関して、以前から金額が不透明でわかりにくいという声がありました。無宗教葬にすればこれらのお金の出費もなく迷うこともありません。またこれらを省くことにより費用をかけずに葬儀をあげることができます。京都でも費用を安く上げるためにこの葬式の方法を選択される人もいます。無宗教にしたいという理由は千差万別ですがなぜ無宗教葬にしたいのかその理由を明確にしておくことが成否を決めるカギとなります。決まった形がありませんから個性豊かな演出をすることが可能で、無宗教葬にしたい理由によって葬式の組み立て方が大きく違ってきます。また大幅に費用の削減ができ重点を置きたい部分に納得のいく費用のかけ方ができます。