葬式

いろいろな送り方

家族葬

葬式

葬儀は亡くなった人を安らかに送る人生最後の儀式です。亡くなった人が自分で行うことができない儀式になりますのでこの式はのこれた親族が執り行うことが多くなっています。奈良でも多くの葬儀が行われ亡くなった人は安らかに送り出されていっています。 この儀式は大規模なものから小規模なものまでさまざまにあり、大規模な葬儀はますます大規模に小さい規模の葬儀はますます小規模になっていく傾向にあります。それを取り仕切る葬儀屋も奈良には多くあり様々な葬式に対する提案を行っています。最近は亡くなった人の家族や親族だけで見送ってあげる家族葬が多くなってきており京都でも葬式の主流は家族葬になりつつあります。またもっと小規模の直葬や火葬も執り行われています。

家族葬で気を付けたいこと

奈良でも主流になってきている直葬は家族や親族で行うことができることもあり、会葬者に気を使わずにできる点がよいことです。今までの葬式ですと会葬者に気を遣いお別れをゆっくりすることもできず、気ばかり使いまったくと言っていいほどこれで最後だという感じがしないものでした。家族葬のように少人数の葬式になると時間的にゆったりとでき落ち着いてお別れの式に臨むことができます。また少人数ということもあって葬式にかかる費用も少額でできる点が大変に喜ばれています。 ですがこの家族葬は親族だけで執り行うために友人や知人からなぜ知らせてくれなかったのかという苦言も聞かれることがありますので、葬式後はこれらの人に必ず連絡を入れるようにしましょう。